痔の症状とは|お尻から血が出たらこの病気かも

医者

3種類ある

ドクター

種類の違い

痔には3種類あり、それぞれの症状、さらにどれ位症状が進んでいるかと言う事でも対処法が変わってきます。まず、肛門の内側、若しくは外側にできものが出来てしまうのをイボ痔と呼び、この症状が最も大多数を占めています。原因となるのは便秘がちだったり、トイレにいる時間が長い、排便時のいきみが強い、妊娠や出産等男性女性関係なしで発症します。初期時の自覚症状は殆どなく、痛みを感じる事も少ないため、症状が進行して急に排便時に出血したりして気づく場合があります。内痔核と外痔核に分かれますが、どちらも放置しておくといずれはできものがずっと外に飛び出たままの状態になってしまいます。次に多いのが肛門の皮膚が切れてしまったり裂けてしまった状態になっている切れ痔で、これは無理に硬い便を出そうとして肛門周辺が切れてしまう事が主な原因です。男性に比べると女性に多くみられる症状で、放置すると裂け目が深くなってしまったりして肛門が狭くなる場合も有ります。これら2つに関しては自分で薬を買ってきて対処したり、病院で治療を受けたりする事が出来ます。病院の場合は症状に合わせて手術を行う場合も有りますが、現在では注射を利用する方法も有り、日帰りでも手術も十分可能となっています。放置しては絶対にいけないのが痔瘻と呼ばれる物で、これは肛門の辺りにあるくぼみに大腸菌等が感染する事によって化膿してしまった状態です。当初は肛門周囲膿瘍と呼ばれる状態ですが、その状態が継続すると痔瘻となり、病院での手術を必要とする状態になります。原因は下痢や便秘等を繰り返す事で、化膿すると熱を出してしまう場合も有りますが、膿を排出すると痛みは一気に引きます。ただ放置しておくとガンになりやすくなる為、手術によって治療する事になり、状態に合わせて手術方法が変わります。